自動車保険安くする方法  

Sponsored Links

保険料を安くするには

ここでは保険料が安くなる方法を考えていきます。

自動車に乗っているのに保険に加入していない方は論外です。今すぐご加入下さいませ。

今の時代、テレビをつければ自動車保険の広告を見ない日はありません。

ラジオを聴いていてもそうです。

インターネットしていてバナーがそんなときもありますよね。

では保険料が安いのはどこでしょうか?

一概に言えません。

だって、車を運転される方の範囲や、運転される方の年齢条件や、記名被保険者の年齢区分や、免許証の色がゴールドかブルーなのか、使用目的が通勤・通学か業務使用かレジャー使用か等、使用する条件によってによって変わってきますから。

ゴールド免許になる

その他に、使用目的はレジャー使用で通勤や通学や業務には使用しないで下さい。

運転する方も35歳以上の方が運転して下さい。

でもこれは選べないじゃないですか。

たまたまゴールド免許じゃなくなったり、18歳の息子さんが免許を取得して乗るからとか、通勤で使うようになったり、自営業で業務で使ったりする方もいらっしゃるじゃありませんか。

それ以外に保険料を安くする方法とは・・・

 

これから車を選ぶ方へ

型式別料率クラス制度 超重要ポイントです!車の用途車種が「自家用普通乗用車」又は「自家用小型乗用車」の場合、車の型式ごとの保険事故の実績に基づき損害保険料算出機構が決定した料率クラス(1~9)を適用して保険料を算出します。

原則毎年見直しがあります。

料率クラス変更があったりなかったりそのままだったりです。

この料率クラスは数字が1が安く9になると高くなります。

同じメーカーで同じ車名でも型式コードによって料率クラスが違います。

自動車保険車両標準価格表というのがあります。

これは車屋さんや代理店さんや保険会社さんに行けば見せてもらえるかもしれません。

例えば同じ車名でも1500の2WDや、1500の4WDや、1500のハイブリッド゙や、1800のワゴンで料率クラスが変わります。

つまり保険料が変わるのです。

自動車保険車両標準価格表(車価表)をじっくり眺めながら保険料の安い車種を決めるのも有りかもしれませんね。

 

広告

契約を1保険証券にまとめる

ここポイントです!車を複数台お持ちの方は1保険証券にまとめてください。

例えば3台車を持っていて、A社、B社、C社と別々に保険会社で契約している方は1社に保険契約を1保険証券でまとめると保険料がお安くなる場合があります。

その場合、保険始期日を揃える必要があります。

是非とも各保険会社に見積もりを依頼してください。

 

事故しない

保険を使うと翌年度から3年間保険料がかなり上がります。

ですので、万一事故を起こして保険を使う時でも、保険を使った場合の翌年からの3年間の保険料と使わなかった場合の3年間保険料の差額が、事故で支払う金額と比較してどうなのか。

保険を使った場合と使わなかった場合の3年間の保険料の差額が13万円だとします。

事故で相手に支払う賠償金額が10万円だったとします。それならば、自腹で賠償金額を支払った方がお得ですよというお話です。

万一事故をしてしまっても、保険を使った方が得なのか、自腹の方が得なのかよく相談しましょう。

 

まとめ

それはまず各社の見積もりを取得してから検討しましょう。

各保険会社は定期的にサービス内容や保険料や特約内容や補償内容を変更します。

サービス重視ですか?例えばロードサービスのレッカー距離を10キロだったのが20キロになり50キロになったりと他社のサービスをみて対抗したりします。

サービス競争はいたちごっこだったりします。

保険料も上がったり下がったりです。

いざ事故した時に頼りになったり保険料だけでは判断出来ない部分も考えられてはいかがでしょうか。

最後までご覧いただきありがとうございました。

Sponsored Links

おすすめ