地震対策と非常用持ち出し袋の中身を考える

Sponsored Links

はじめに

ここでは、地震対策や非常用持ち出し袋の中身などを考えていきたいと思います。

きっかけは、阪神・淡路大震災を経験しましたが、日に日に地震に対する備えが甘くなり、東日本大震災の時に非常用持ち出し袋を用意したものの、大阪北部地震の時に非常用持ち出し袋をどこに片付けたかわからなかった点を反省し、万一の時に後悔しない備えをするためです。

私の忘備録的な記事になりますがご容赦下さいませ。

 

地震保険に加入する

大阪北部地震発生時、私は自宅にいました。

大きな地震の揺れが長時間続き、「この揺れではもう家倒壊してしまうなぁ」と、本気で思いました。幸いにも家は大丈夫でした。

 

さて、万一地震で家が全損になってしまった場合に火災保険で保険金は支払われるのでしょうか?

答えは 支払われません

火災保険では、地震もしくは噴火またはこれらによる津波を原因とする損害は補償されません。

ですので、地震保険の加入が必要なのです。

 

建物だけでなく家財もしっかり火災保険契約と地震保険契約をしないといけません。

なぜなら、地震保険の保険金額は、建物・家財ごとに、主契約の保険金額の30%~50%の範囲で設定し、他の地震保険契約と合算し、建物は5,000万円、家財は1,000万円が限度額になるからです。ちなみに時価額が限度です。

例えば

火災保険を建物2,000万円・家財1,000万円の場合、地震保険は最大で建物1,000万円・家財500万円までしか契約出来ません。

つまり、建物・家財全損認定の場合で最大1,500万円の支払です。

これでは元の家や家財は戻ってきません。

建物は地震保険契約したけど、家財を契約していない方が多いと感じます。

もし、今の例で家財の地震保険を契約してなければ建物の地震保険の1,000万円の支払いだけです。

これではとても足りませんので家財の地震保険もしっかり考えて契約しましょう。

さらに損害の程度が「全損」「大半損」「小半損」「一部損」によって支払われる保険金額が変わるのです。

 

火災保険の記事はこちらです

http://yakudachi-helps.com/fire/

 

家具の配置等を見直してみた

地震で家具が倒れてきて怪我をしない為に配置を見直してみます。

地震で家具が倒れないようにするために、家具を固定するのも有りだと思いますが、その固定具の許容範囲を超える地震に備えるためにはやはり配置の見直しは大事だと考えます。

当然間取りの関係等でなかなか難しいですが、寝室で箪笥や本棚などの家具が頭を直撃しないように配置を変えました。

後、箪笥の上等の高い場所になるべく物を置かないようにしました。

 

断水に備える

私には高槻に親戚がいるのですが、今回の大阪北部地震で幸いにも家には被害が無かったのですが、断水で苦労されました。

特にお手洗いが水洗式だと困るので、お風呂残り湯をバケツに溜めておいたり、お風呂の浴槽に常に水を張ったりして対応するしかないかと考えます。

飲料水は、ミネラルウォーターを箱で買いだめするしかないと考えます。

 

広告

非常用持ち出し袋の中身

色々と非常用持ち出し袋を見ましたが、結構いいお値段しているのもあります。

現在家にある物で賄えればそれで良い物もありますので、販売しているのを参考にしつつ自分に必要な物を考えていきたいと思います。

 

財布(現金・キャッシュカード・クレジットカード・免許証・健康保険証等)

鍵(家・車等)

携帯電話・充電器

これは普段持ち歩いているので外しました。

 

非常用持ち出し袋 1(リュック) あまり重たくなって緊急避難の妨げにならないように必要最小限で考えてみました。

ミネラルウォーター 500×2

食料 携帯用固形食 携帯用チューブ食

手回し充電式AM・FMラジオ・LEDライト

LEDヘッドライト

電池

緊急用呼子笛

作業用手袋・軍手

タオル

ティッシュ

ウエットティッシュ

万能ナイフ

はさみ

筆記用具とメモ帳

油性マジック

布テープ

自分が服用している薬

予備のメガネやコンタクトレンズ

消毒液

化膿止め

絆創膏

包帯

マスク

ハミガキセット

耳かき

綿棒

つめきり

簡易トイレ

スリッパ

下着

Tシャツ

レインコート

ここまでは私のリュックには入りました。しかし、重たいです。

季節によってはカイロ等が必要かもしれません。

 

女性や子供がいる方は

生理用品

紙おむつ

粉ミルク

哺乳瓶

等が必要になるかと思います。

 

非常用持ち出し 2 可能ならという感じです。

 

ブルーシート

ロープ

シュラフ

紙皿

紙コップ

フォーク・スプーン

ラップ

アイマスク

耳栓

給水バッグ

LED懐中電灯・LEDランタン

思い出の品等

 

これは避難所生活までを考えてみました。

 

疑問

例えば、カメラが趣味な方はどうされるのだろうか?

カメラバックにカメラとレンズと三脚とストロボとライトスタンドを入れて逃げるのでしょうか?

今までの撮影データが大事です。

うーん、データは保険ではどうにもならないから持ち出すしかないのか。

答えが見つかりません。

 

また少しずつ更新していきたいと思います。

 

それでは最後までご覧いただき有難うございました。

 

Sponsored Links

おすすめ