結婚相談所レビュー

Sponsored Links

婚活

婚活と聞いて何を想像しますか?

合コンや街コンですか?職場の人の紹介ですか?婚活サイトで出会いますか?

ここでは結婚相談所のお話や心構え等を書いていきます。

 

何故結婚相談所なのか

入会資格があるからです。

例えば、男性は20歳以上で、定職・定収入があるなどです。更に、必要書類の提出を求められます。

身分証明書(運転免許証、健康保険証、住民票、パスポート等)

独身証明書(役所ですぐ発行されます)

最終学歴を証明するもの(卒業証書のコピー)

年収を証明する書類等の提出が必須になっているからです。

更に、入会金や月会費やお見合い料や成婚料等が発生します。

このあたりは、結婚相談所の比較サイトや実際に結婚相談所に確認するのが良いと思います。

一生のパートナーとの出会いを提供してくれる金額が安いか高いかはあなたの判断にお任せします。

気に入った相談所があれば入会してみて、何回かお見合いしてみたら良いと思います。

何事も経験に勝るものはありません。人生経験です。

相談所の担当者が親身になって相談に乗ってくれるかが大事になってきます。

結婚相談所が使うデータベースは同じです。

A結婚相談所に加入しようが、B結婚相談所に加入しようが使っているデータベース同じなのです。

だから、しっかり結婚相談所を選びましょう。

 

婚活市場

というものがあります。自分が婚活市場でどれく位の価値があるか考えてみましょう。

例えば、女性が男性に求める条件が、年齢35歳まで、年収1000万円以上、身長175センチ以上、学歴は大学以上、ルックスが良くて、

職業はお医者さんで、知性があって、長男ではなくて、ギャンブルしなくて等々。

もちろん、相手に条件を求める権利はあります。

この条件を出せるのに自分が合っているかです。

高望みをいていては成婚できません。

他人のあら捜しや、自己中心的で頑固な人も結婚できない人です。

 

婚活では実年齢が・・・

見た目の年齢は関係ありません。

35歳の美人より25歳の普通の容姿の方が人気です。

若いころにモテていたとか過去の栄光は忘れましょう。

遊び場でもてるのと、婚活でもてるのはちがいます。

多くの男性は若い女性と結婚したいのです。

24歳独身女性でパートナー無しの場合で本気で結婚したいのなら結婚相談所を検討するのもいいかもしれません。

恋愛を楽しむのもまだ余裕の年齢ですが。

27歳なら恋愛よりも結婚相手を残りの時間を逆算して真剣に悔いの無いように探しましょう。

28歳なら20代としての結婚活動開始ぎりぎり。

29歳は、20代という検索のカテゴリーの最後の年齢になります。

検索カテゴリーが20代と30代ではデータ検索される確率が大きく違います。

30歳でも婚活市場では必要とされています。大人の女性としての魅力があります。

34歳 アラサー最後の年齢です。

35歳 高齢出産(初産)の年齢です。一般的に婚活市場では厳しくなります。

男性も若くないと需要が少なくなりますので、早めに対策されたほうがいいでしょう

 

*あくまで婚活市場での話ですのでご容赦下さいませ

 

 

広告

 

婚活1.2回目のデートで気を付ける事

これは査定期間です。ランチ中やディナー中にお互いが色々査定します。

身だしなみや会話の内容に気を付けましょう。

相手の良い所や悪い所を探しましょう。

女性が食べたくないメニューとしては、餃子(臭いが気になる)、パスタ(食べにくい)、ハンバーガー(考えましょう)等です。

 

婚活のフェードアウトは日常茶飯事

こちらも相手を断わるのですから相手から断られることもあるでしょう。

これは当たり前の話と考えて下さい。

くよくよせずに次です。仮交際は同時並行可能なのですから。

罪悪感は不要です。

ただ、出会いが増えるともっといい人がいるかもとなります。

もっといい人とは年収や容姿や年齢や学歴や職業です。

それにはまると危険な時もあります。

 

断られた時の反省会

断られた理由を知ることによって新しい発見があるからです。

そして、次に活かすのです。

 

それでは、良いご縁がありますように。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

Sponsored Links