簡単に生命保険料を安くする方法  

Sponsored Links

生命保険見直しのポイント

皆様は生命保険にご加入でしょうか?

死亡したら1000万円とか、入院したら1日1万円とかですね。

で、よく聞く話が加入しているけど中身よくわからないって方いらっしゃいます。

ご主人様に保障内容ご存じですかとお話しを伺うと「妻に任せている」と。で、奥様にお話を伺うと「旦那に任せている」と。

結局夫婦そろってよくわかっていないって事がよくあります。

保険を理解しましょう

別に難しく考えることはありません。

加入する側も知識を付けて仕組や商品内容を理解すれば大丈夫です。

例えば死亡保障1000万円の契約を検討されたとします。

注意すべきポイントやするべき事は何でしょうか?

用意するもの 死亡保障のパンフレット 設計書 ご契約に際しての重要事項(契約概要・注意喚起情報) ご契約のしおり・約款等

準備ができましたら、これらを熟読して理解してください。・・・と書いたものの、約款まで熟読して理解は正直厳しいでしょう。

しかし、重要なことが書いてあります。頑張って読んで理解しましょう。

ここに保険商品の全てが書いてありますから。

そもそもその1000万円が必要な根拠は何でしょうか?なんとなくですか?1000万円で足りますか?

死亡保障金額の設定は非常に重要です。多いと受取人は有り難いでしょうが支払い保険料が大きくなります。

少ないと残された方の人生が大変な事になります。

この金額は個人差がありますのでよくよく考えて下さい。

1000万円の保障は何歳まで続くのでしょうか?

一生涯ですか?保障切れがありませんか?

1000万円の保障の内、100万円が一生涯続いて900万円が60歳で無くなる商品もあります。

総払い込み保険料は幾らですか?

1000万円の保障を買うのに保険料を幾ら支払うかです。

ここは重要ポイントです。加入年齢や健康状態によっては、1000万円の保障を買うのに1000万円以上保険料を払うケースもあります。

よくご確認ください。

解約返戻金は幾らですか?返戻率は幾らですか?ここも重要ポイントです。

詳しく契約内容を知らずにいるから「保険にだまされた」とか「こんなはずでは」になると思います。

繰り返しになりますが保障内容を理解しましょう。

 

 

広告

 

簡単に生命保険料を安くする方法

 

払込方法を見直す

今現在の保険料は幾ら支払っていますか?

もし、保険料を毎月支払っているなら、半年払いにしたら幾ら?年払いなら幾らになるかを今加入している保険会社に聞いてみてください。

どうですか?金額が出ましたでしょうか?

年間支払い保険料は、月払い保険料を12回支払うよりも半年払いや年払いにすれば年間支払い保険料は安くなります。

支払いが可能ならば年払いが良いです。

クレジットカードで保険料を支払うとポイントが貯まって嬉しいですよ。

現在口座から引き去りされてる場合で、クレジットカード払いに変更できるかは、ご加入の保険会社にお尋ねください。

 

保険料が安い保険商品を選択する

割引はあるか?健康状態が良かったり、タバコを吸わなかったりすると保険料を安くする保険会社もありますし、ない会社もあります。

同じ死亡保障1000万円の商品。例えば終身保険1000万円で払い込み方法も払込期間も同じでどの保険会社が安いのか?

加入年齢や性別や健康状態によって違いますので何社か見積もりをされるとよいでしょう。

その上で、自分に最適な保険会社の商品を選んで下さい。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

Sponsored Links

おすすめ