ML807スイッチ マキタML807スイッチ makitaml807不具合

Sponsored Links

マキタのML807のレビューをします

大勢の方がマキタML807のスイッチや基盤の不具合を報告されています。
まさか自分のML807がそうなるとは思っていませんでした。
この機種が改善される事を願って書きました。

 

外部リンク

 

 

【デザイン】
一目でmakitaとわかります。
シンプルです。

【使いやすさ】
ボタンを押すと、「全灯モード」→「半灯モード」→「先端モード」→「消灯」と切り替わります。
操作を迷う方はいらっしゃらないかと思います。

【明るさ】
かなり明るいです。
「半灯モード」でもソロキャンプや車中泊なら大丈夫でした。
これ以上の明るさを求めるのであれば大きな投光器のご購入をご検討されたら良いと思います。

【総評】
スイッチがダメになりました。
購入してからの実使用回数は20回位でした。
スイッチ押して「全灯」が光らず「半灯」しか光りません。
中央の黒いリングを回して白い筒の部分を外したら、1センチ位のハンダが取れていました。
この製品の評価を色々見てみるとスイッチが弱いらしい。

全灯になりません

半灯がしっかり点灯しません。

マキタのとある支店に電話して状況を説明すると、基板交換に概算2500円~3000円との事でした。
次に購入店(工具のチエーン店)へもって行き状況を説明しました。
店員さんは、この機種はこの状態が多いとの事。
営業担当に新品交換で交渉してくださるとの事。
これは頼もしい。新品交換が無理なら基盤交換との事でした。

待つこと5営業日。
新品交換になりました!
店員さんは、「私たちもこの商品に手を焼いているのですよ。メーカーの営業さんはひょっとしたら基盤かなと。点灯確認はいたしました。万一また駄目になったら持ってきてください」と。
神対応ありがとうございました。
万一また同じ症状が出たら書き込みます。

この機種を購入される方は、スイッチ押しても光らない状態が来るかもしれない覚悟が必要です。
ただそれが、キャンプへ行った時や停電時に起こった時のことをご想像ください。

Sponsored Links

おすすめ