EOS Rレビュー キャノンEOS Rのここが羨ましいと思う点をソニーα7Ⅲユーザーが書いてみた 

Sponsored Links

はじめに

ここでは、Canon EOS R の発表を見て、

EOS  80Dからα7Ⅲに買い換えた私が、EOS R のここが羨ましいと思う点を書いていきます。

アマチュア目線と独断と偏見ですのでご容赦下さいませ。

 

 

80Dは19カ月使用。

80Dのレビューはこちらです。

https://yakudachi-helps.com/eos-80d/

 

α7Ⅲは、発売日に購入したので約6か月使用です。

α7Ⅲのレビューはこちらです。

https://yakudachi-helps.com/ilce-7m3/

 

 

 

羨ましいと思う点

 

バッテリーチャージャーが付属

Canon EOS Rにはバッテリーチャージャーが付属します。

α7Ⅲにはバッテリーチャージャーが付属しません。

別売りです。信じられますか?

バッテリーチャージャーが付属するなんてありがたいお話しです。

α7Ⅲ頑張れ!

 

 

バルブタイマーがある

α7Ⅲにはバルブタイマーなんてありません

バルブタイマーの有難みは使った人にしかわからないのかもです。

長時間露光の時に便利です。

α7Ⅲ頑張れ!

普通に全メーカーつけたらいいのに。

 

液晶モニターがバリアングル

Canon EOS Rはフルサイズでバリアングルですか。

かなり羨ましいです。

バリアングルは使いやすいです。

使わない時に液晶モニター面を反対にしておけば傷付防止になります。

今時バリアングルでないなんてα7Ⅲ頑張れ!

 

 

電源OFF時にシャッターが閉じる

これは、レンズ交換時にセンサーにダストが付きにくいのはありがたい話です。

こういう便利な機能は全メーカー標準仕様にしたらいいのに。

α7Ⅲ頑張れ!

 

防塵・防滴構造

防塵・防滴は書いてあるだけで安心感があります。

α7Ⅲ頑張れ!

 

画素数

Rは約3030万画素でα7Ⅲは約2420万画素です。

画素数では悔しいけど・・・

 

さすがCanonさんです。

写真撮影する人の事を考えていますね。

正直羨ましいです。

 

広告

EOS R

 

 

羨ましくない点

 

ボディ内五軸手振れ補正が無い

この時代にボディ内手振れ補正が無いのですか。

ちょっとびっくりです。

そのうち搭載されるのでしょうか?

これは大きいです。

めちゃくちゃ大きいです。

有るのと無いので大違いです。

EOS R頑張れ

 

撮影可能枚数

370枚はα7Ⅲの610枚と比べてちょっと厳しそうですね。

実際に撮影に出て、その枚数が伸びるのか否か

予備バッテリーは何個必要なのか

EOS R頑張れ

 

実機を触らないと判断できない点

瞳AF機能

瞳AF機能は便利ですが、Canon EOS Rの性能はどうなんでしょうか?

これは実際に撮影しないとわかりませんね。

また実機を触ったら加筆していきます。

 

まとめ

実機を実際に触りまくらないとわからない大事な事が多いですね。

買い換えるに値するかは個人の価値観はそれぞれですのであれですね。

私としては、色んなメーカーから色んなカメラが出て競争して性能が上がって値段が下がればありがたいです。

 

それでは最後までご覧いただきましてありがとうございました。

 

 

Sponsored Links

おすすめ