ガラケー N ドコモ フューチャーフォン ガラパゴス携帯

Sponsored Links

はじめに

ここでは、私が使用していた二つ折りの携帯電話のフューチャーフォン

いわゆるガラケーを紹介したいと思います。

この記事を書こうと思ったきっかけは、

昔使っていた携帯電話を充電したら電源が入るかと試したら

充電されませんでした。

バッテリーを確認したら、少し膨らんでいました。

これはバッテリーの寿命ですね。

毎日使用していた携帯電話。

古くなったといえ、電源が入らないのは寂しく思いました。

ですので、手元に残っている機種だけでもまとめてみようと思いました。

 

「こんな機種あったなぁ」とか「懐かしいなあ」とか「こんなの使ってたんだ」等

思っていただければ幸いです。

 

因みに、ドコモのNがメインになります。

何故Nばかりなのかといいますと、特に深い意味はありません。

メーカーを変えると、操作方法を1から覚えなおすのが面倒だったからです。

あらかじめご了承くださいませ。

 

N502it

 

バッテリーと蓋が一体になっております。

鉛筆を置くとわかりやすいのですが、バッテリーの中央部分が膨れております。

バッテリーの寿命です。

全く充電しませんでした。

 

当時は二つ折りの携帯電話がかっこよかった時代なのです。

 

2000年9月発売

特長

カラー大画面ディスプレイ 256色STN液晶

FM音源 4和音

カメラ無し

 

液晶画面が白黒からカラーになったのに興奮しました。

着メロもFM音源で4和音にわくわくしました。

通話時に電波を良くするためにアンテナを伸ばしたものです。

 

N503is

かなり使い込んでいます。

塗装の禿げ方がそれを物語っております。

 

 

2001年8月27日発売

特長

メインディスプレイ 約4096色 TFT液晶

サブディスプレイ モノクロ

16和音

赤外線通信

カメラ無し

 

折りたたんだ時に背面ディスプレイがあるのが斬新でした。

当時は、音も液晶も綺麗になり驚きました。

赤外線通信が斬新でした。

 

N505is

2003年12月10日発売

特長

メインディスプレイ 262,144色表示 TFTカラー液晶

64和音 ダブルスピーカー

カメラ(JPEG) 有効画素数130万画素

ボイスレコーダー

バーコードリーダー

カメラ搭載

 

ダブルスピーカーが好きでした。

まだアンテナがありますね。

背面ディスプレイがカラーなのが衝撃でした。

 

N900is

傷だらけです。

 

2004年2月22日発売

特長

FOMA

メインディスプレイ 6万色表示 TFTカラー液晶

50和音

カメラ搭載

アプリにドラゴンクエストⅠの移植版

TV電話

 

アンテナが無くスッキリしています。

結局TV電話は使用した事が無かったです。

 

 

N902is

使い込みすぎて塗装がボロボロですね。

2006年6月9日発売

メインディスプレイ 26万色表示

サブディスプレイ 65,536色表示

67和音

 

SDカード部分のキャップがガバガバで隙間がありました。

その不満以外は満足していました。

 

着信音はこちらです

https://www.youtube.com/watch?v=c83XjzC5NIg&feature=youtu.be

 

N906i

赤色というだけで購入しました。

塗装が頑丈でした。

 

2008年6月18日発売

ディスプレイ同時発色数 262,144色

128和音

着うた

ワンセグ

TV電話

カメラ有効画素数 約520万画素

オートフォーカス 手振れ防止機能

 

N-02C

メッキが剥がれています。

特に落下はしていませんが、亀裂が確認できます。

2010年11月18日発売

ディスプレイ同時発色数  167,772,126色

128和音

着うた

カメラ有効画素数 約1320万画素

ワンセグ

TV電話

防水

 

ボタンのイルミネーションが綺麗でした。

2015年まで使用しておりました。

 

まとめ

こうしてみると、2000年のN502itから

2010年のN-02C迄の10年間で凄く進歩したと思います。

進歩し過ぎて携帯電話を使いこなせていなかったです。

 

個人的に1番好きだったのは、N-02Cです。

 

因みに現在は、 iPhone 8を使用しております。

今からガラケーに戻れるかと考えたら・・・

私はゲームが好きなので戻れません。

ありがとうガラケー。

毎日お世話になりました。

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

Sponsored Links

おすすめ