ダートトライアル2019撮影 サンダース春2019 ダートラ2019 京都コスモスパーク

Sponsored Links

はじめに

ここではダートトライアルを撮影した時の様子を書いていきます。

撮影したのは、2019年3月10日 サンダース春 主催者 THUNDERS

場所は京都コスモスパークです。

 

とあるフォトクラブの会長と二人で撮影に行きました。

ダートトライアルは今まで撮影経験がありません。

生でレースを観るのも初めてです。

どんな設定でどんなふうに撮影したらいいのかわからないのですが楽しみです。

 

 

ダートトライアルとは

Dirt Trialはモータースポーツの一種です。

ダートの路面(未舗装の路面)のサーキットで走行タイムを競います。

通称 ダートラ

コースを2回走行し、速い方のタイムで順位を争います。

1周約2分弱のコースです。

 

 

京都コスモスパーク

住所:京都市右京区京北下宇津町大山1

京都縦貫自動車道 園部インターチェンジ下車

 

私は先輩の車に先導してもらっていったのですが、

初めて行く場合だと「通行止め」の看板に驚く事でしょう。

えっ?ここに入るの?って感じです。

 

下の地図には、京都コスモスパークや目印の地点や

最寄りのインターチェンジや最寄りのコンビニを登録しておきました。

 

注意事項

京都コスモスパークには常設の売店や食堂等の施設はございません。

ケイタリングサービスはこの日はなかったです。

ですので、飲み物や食べものは事前に十分準備されると良いでしょう。

 

携帯電話の電波が届きません。

「電波なんて飾りです。偉い人にはそれがわからんのです」

現代社会において、まだそんな場所があるとは驚きました。

 

勝手にコースに入ってはいけません。

撮影はギャラリーコーナーからしましょう。

 

 

持っていくと良いもの

飲食料 売店は無かったです。

長靴 ほとんどの人が長靴装備しております。

ゴミ袋 泥だらけになった長靴を収納するのに

雨合羽・傘・タオル 雨対策に。

レジャーシート・椅子 カメラバッグを置いたり疲れた時に座ったり。

マスク 砂埃対策に

 

撮影

撮影 2019年3月10日 ソニーα7Ⅲ + シグマMC-11 キャノン EF70-300 IS Ⅱ USM

天気 雲のち雨

 

撮影 2019年3月10日 ソニーα7Ⅲ + シグマMC-11 キャノン EF70-300 IS Ⅱ USM

天気 雲のち雨

うぉー ピントが合ってないです

 

撮影 2019年3月10日 ソニーα7Ⅲ + シグマMC-11 キャノン EF70-300 IS Ⅱ USM

800馬力のヴィッツです。

運転席はセンターです。

 

AFの食いつきが良いボディカラーがありますね。

 

FRやFFや4WDでコーナーのラインが変わるのが面白いです。

 

欲しくなった物

明るいインナーズームの純正の防塵防滴の望遠レンズが欲しくなりました。

晴れた日は砂埃との戦いになるらしく、水を散水車で撒いても3台走ったらもとに戻るらしいです。

今私は、ソニーα7Ⅲ + シグマMC-11 キャノン EF70-300 IS Ⅱ USMで

望遠は撮影しているのですが、やはり純正が欲しくなりました。

 

サブカメラが欲しくなりました。

やはり標準と望遠はつけっぱなしでカメラは2台必要ですね。

 

ハイスピードなSDカードが複数枚必用です。

連写しまくりなのであっという間に撮影枚数は増えます。

しかもバッファが・・・

JPEGとRAWで撮影しているので、32GBで540枚撮影といったところです。

もう何枚か買い足すしかありません。

SDカードの性能の重要性についてはこちらをご覧ください。

https://yakudachi-helps.com/sdcard/

 

反省

もっとシャッタースピードを落とせば良かったです。

ドライバーはコーナーを攻めているのに私は攻めきれませんでした。

次回の課題ですね。

 

それでは最後までご覧いただき有難うございました。

 

 

 

Sponsored Links

おすすめ