京丹波町琴滝撮影

Sponsored Links

京丹波町琴滝撮影

ここでは、琴滝を撮影に行った時の事を書いていきます。

とあるフォトクラブの会長さんと、フォトコンで入賞されている方と3人で行きました。

琴滝へは何度か撮影に行っているのですが、期待した水量の時がなかなか無かったのです。

さて、今回はどうでしょうか?

 

場所

京丹波IC降りてからすぐです。

ご親切に案内看板もキチンと表示されております。

途中細い道になりますので、安全運転が求められます。

駐車場もあります。

 

入口の様子です。

看板に約250mとあります。

しかし、上り坂なので結構しんどいです。

 

 

 

注意事項

お手洗いは入口入って左手にございます。

滝の付近にはございませんので予め済ませたほうが良いでしょう。

 

 

 

足元注意です。

地面はコンクリートになっているのですが、苔が生えているので

非常に滑りやすくなっております。

 

 

まむしに注意です。

実は、滝を撮影中に蛇が現れました。

まむしだったかは確認できませんでした。

一緒に撮影に行った方は、さぶいぼ出たと言っていました。

急いで逃げたので、写真はありません。

こんな時にでも、臨機応変に撮影出来るようになりたいです。

咬まれなくて何よりでした。

 

 

撮影

入口から滝までは上り坂になっております。

やっとの思いで到着した滝の水量はどうでしょうか?

 

撮影 α7Ⅲ 24-105 F4 NDフィルター使用

 

はい、がっかりです。

チョローンとしか流れていません。

折角上ってきたのに。

私は数枚撮影して、駐車場へ降りて行きました。

駐車場で車に荷物を置いていたら、上でまだ撮影していた人から電話がかかってきました。

「滝の水量が増えました」と。

そんなアホな話があるのかと思いながら、もう一度滝まで行きました。

こんな事ってあるのでしょうか?

撮影 α7Ⅲ 24-105 F4 NDフィルター使用

 

めっちゃ流れてますやん。

晴れていたのに。

原因はわかりませんが、急に水量が増えました。

これです。

この風、この肌触りこそ琴滝です

水しぶきが強くなって、ひんやりしています。

マイナスイオンが発生しているかもしれません。

知らんけど。

 

水量が多く、楽しく撮影出来ました。

 

因みに、滝の動画はこちらです。

滝の音量が大きいので、あらかじめ音量を下げてからご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=ooByuVyXR8Q&t=341s

 

 

それでは、最後までご覧いただきましてありがとうございました。

 

 

 

 

Sponsored Links

あわせて読みたい