AGSCハイスピードダートトライアル2019撮影 京都コスモスパーク

Sponsored Links

はじめに

ここではAGSCハイスピードダートトライアルを撮影した時の様子を書いていきます。

撮影したのは、2019年3月31日 

場所は京都コスモスパークです。

京都コスモスパークの場所は以前の記事をご参考にして下さいませ。

https://yakudachi-helps.com/dirt-2019-01/

 

第1ヒートと第2ヒートどちらかの最高速がベストスピードになります。

 

 

入り口のゲート入ってすぐの場所です。

雨が降ったらぬかるみます。

雨が降らなくても泥だらけになるので、長靴は必須です。

男性も女性も長靴着用率多かったです。

動物のフンもかなりありますよ!

コケ無いようにしないといけません。

 

表彰台です。

優勝を目指して熱い戦いが繰り広げられます。

 

大会本部です。

ご苦労様です。

フィルインサービスです。

レースをしない私には、普段見慣れないパターンのタイヤです。

違いがわかりません。

 

その横には簡易トイレがあります。

 

右側真ん中やや下付近にギャラリーがあります。

人が並んでいますね。

 

 

撮影

撮影機材は、ソニーα7Ⅲ+24-105 F4 G です。

今回は望遠を捨てました。

流し撮りの練習です。

 

広告

 

ダートトライアルの撮影は今回が2回目です。

前回の撮影反省点を改善しないといけません。

 

改善点

前回はシャッタースピードを上げ過ぎたので

動きのない写真になってしまったので

シャッタースピードを下げて撮影する練習をしたいです。

 

撮影 2019年3月10日 F 7.1 SS 1/320 ISO 400

はい。前回の反省写真です。

ホイールが動いてません。停車中です。

躍動感が全くありません。

そりゃ1/320ではどうにもなりませんね。

 

撮影 2019年3月31日 F 11 SS 1/50 ISO 50

おお!ホイールが回っている感じがあります。

しかし、ピントが・・・

 

この日は、曇ったり雨が降ったり晴れたりと

撮影には難儀なお天気でした。

 

 

撮影 2019年3月31日 F 11 SS 1/80 ISO 50

コーナーの立ち上がりがら少し行った場所です。

 

撮影 2019年3月31日 F 9 SS 1/125 ISO 50

 

ピントが合いにくい被写体

被写体が遠くて暗い

被写体のコントラストが弱い

高速で移動する被写体

光沢のある被写体

等です

カメラの説明書より

 

コントラストが強いボディペイントにして欲しいですね。

 

誰のための写真か?

はい。

今まで・・

ひとりよがりな写真ばかり撮影してました。

フォトコン狙いの写真とか、写真クラブでウケル写真が多くなっていました。

このフォトコンには、審査員がだれであるから

ここからこう撮影したらいいだろうとか、

フォトクラブの例会には、こんな写真がうけるだろうと

そんな写真が多くなっていました。

 

しかし、ダートトラックされているドライバーの方には、そんな理屈は通用しません。

 

先輩曰く

ライン見つけて曲がる俺

がっつりアクセル踏んでる俺

コーナーからの立ち上がりの俺

等が

格好イイとのことでした。

 

今まで撮影した事が無いジャンルなので

知識や経験が全くありませんでした。

 

しかし、撮影した写真をドライバーさんに気に入ってもらえたら

こんなに嬉しいことはありません。

 

望遠レンズやサブカメラが欲しくなりますが

これも趣味なので楽しいですね。

 

それでは、最後までご覧いただきましてありがとうございます。

 

 

 

 

 

Sponsored Links

おすすめ