京都芸術花火2019 撮影日記

Sponsored Links

はじめに

京都芸術花火2019を撮影しに行った時の様子を書いていきます。

今回は、私が所属している写真クラブの方と、とあるフォトクラブの会長と私の3人で行きました。

機材は、私がソニーα7Ⅲで、他の2人はソニーα7RⅢでした。

 

日時・場所

日時:2019年5月29日 19時50分打ち上げ開始

場所:京都競馬場

京都芸術花火についての詳細は、公式ホームページでご確認下さいませ。

 

撮影場所

これは、どう撮影するかによって撮影場所は変わってきます。

京都競馬場で撮影するも良しですし、田んぼの水に花火を反射させて撮影するも良しですし

遠距離から望遠レンズで撮影するも良しですし、川の水面に反射させて撮影するのも良しでしょう。

 

我々は、川の水面の反射を狙いました。

チケットが高価で入手困難なのと、土手は立ち入り禁止なのと、水を張っている田んぼを見つけたとしても

花火が打ち上がる場所がわからなかったからです。

 

京都府久御山町東一口(きょうとふくみやまちょうひがしいもあらい)で撮影しました。

一口(いもあらい)と読みます。普通読めませんよね。

コンビニを目印に川沿いに入って行きます。

撮影2019年5月29日 ソニーα7Ⅲ 24-105 F4

 

広告

 

 

注意事項

駐禁の見回りが来ます。知らんけど。

コーンが多数設置してあり車は駐車出来ません。

 

トイレはコンビニが近いです。

川でしようと思っても、カメラマンが多いので無理です。

 

川沿いなので蚊がいます。

虫よけ対策、虫刺され対策として、虫除けスプレーやかゆみ止めは必須です。

 

飲み物や食べ物はあると便利です。

 

椅子もあると便利ですよ。

 

懐中電灯も便利ですよ。

 

忘れ物注意

会長さんや会員さんを迎えに行くと必ず聞きます。

「忘れもの無いですか?」と

「カメラ・バッテリー・SDカード・三脚・レリーズ・飲み物・食べ物持ちましたか?」と。

返事は「大丈夫」と。

 

さて、撮影場所で準備をしていると会員さんが

「シューをビデオカメラにつけたままで忘れてきた」と・・・

 

うーん。

これでは撮影できません。

 

家まで取りに帰られました。

 

余談ですが、この方を以前家まで送って行って

「忘れ物無いですね」と確認したのに、スマフォを私の車に忘れて行った経験の持ち主です。

 

因みに、会長さんを以前家まで送って行って

「忘れ物無いですね」と確認したのに、白菜を忘れていかれました。

会長に忘れ物を伝えると、「食べておいて」とおっしゃったので

白菜はおなべにして美味しくいただきました。

 

忘れ物確認は念入りにしましょう。

 

撮影

私の花火撮影は3回目になります。

なかなか花火を撮影する機会って限られますから。

撮影は、ソニーα7Ⅲと24-105 F4 G 三脚ベルボンUT-63 レリーズ使用 です。

先ずは、下の部分の撮影を頑張ります。

欲張ると白飛びするので我慢の子です。

中段のカラフルなのを撮影します。

上段の派手なのを撮影します。

 

上の5枚を合成すると下の写真になります。

 

水面の反射を狙いたかったのですが、人がいて無理でした。

来年も開催されたら撮影に行きたいです。

 

 

それでは最後までご覧いただき有難うございました。

 

 

 

Sponsored Links

あわせて読みたい