α体験セミナー 「一眼新基準α7の世界」に参加してきました。

Sponsored Links

はじめに

ここでは、α体験セミナー 

「一眼新基準α7の世界」に参加してきた時の話を致します。

体感機材は、α7M3、α7RM3、α9等

各種GMレンズ

 

24-70 F2.8 18-35 F2.8 100-400 F2.8 85 F1.4等です。

このセミナーは、カメラのKさんで開催されました。

2時間の長丁場のセミナーです。

私が所属しているフォトクラブの会員さんも2人参加されました。

 

何故参加したかと申しますと

このセミナーに参加したら・・・

何と!5%の割引券が貰えるのです!

5%ですよ!!!

ボディを購入される場合、約1万円お得になるのです。

何じゃそりゃ。

私がα7Ⅲと24-105 F4 Gを購入した時はこんなイベント無かったです。

で、キャッシュバックキャンペーンでα7RM3がα7M3にプラス約5万円で買えるのです!!!

はぁ?

何それ?

そんな商いをされるのですか。

今後発売日に予約してまで購入するのは検討致します。

 

広告

 

 

内容

ここで、セミナーの内容を全て書いて怒られたら困るので、かいつまんで書きますね。

 

何故ミラーレスか

一眼レフ機とミラーレス機の構造の違いのお話しです。

このブログをお読みの方はそんなん知ってるよ!

という方が多いと思います。

しかし、一応軽くご説明いたしますと

ファインダーの違いと言えます

一眼レフ機は光学ファインダーで、ミラーレス機は電子ファインダーです。

ミラーレスのメリット

小型軽量が可能

その他もろもろ

 

フルサイズのメリット

センサーが大きいのであれです

 

色々とメリットがあります。

やはりこのセンサーサイズの比較の模型を見ると納得します。

 

センサーのシェア

凄いシェアでした

 

αの構成

何がフラッグシップとかではなく、何に特化したかです。

α9はシャッタースピードで、α7RⅢは高画素で等

 

広告

 

 

実際にαを触ってみよう

参加者にカメラが配られます。

ニコンからマウントチェンジでα7RM3を注文された方はα7RM3が

キャノンからα7M3を注文された方はα7M3が

その他の方はα7RM2やα7M2が配られました。

恐らく参加者はどれがα7M3でどれがα7RM3か等違いは判らないかと思いました。

 

バッテリーを入れよう

さて、ソニーのαシリーズをお持ちの方でキャノンを触った事が無い方にはわからないと思いますが

向きが逆なのです。

私の隣りに座ったフォトクラブの会員さんは

5DMKⅡ・70D・6DMKⅡ・M5とキャノンばかり使われてきました。

バッテリーを入れる様子を見ているとやはり逆向けに入れようといていました。

そりゃそうなります。

私も最初そうでした。

説明書を読めとご指摘があるかと思います。

勝手な言い分ですが、勝手に向きは各社共通なのかなと思いこんでいたので

逆向けなんて想定外でした。

 

メモリーカードを入れよう

さて、ソニーのαシリーズをお持ちの方でキャノンを触った事が無い方にはわからないと思いますが

向きが逆なのです。

私の隣りに座ったフォトクラブの会員さんは

5DMKⅡ・70D・6DMKⅡ・M5と・・・以下省略

やはりメモリーカードを逆向けに強引に入れようとしていました。

いやいや、担当営業さんが説明されていましたやん。

聞いてなかったのですね。

危うくえらいことになりそうでした。

私も最初そうでした。

逆向けに入れようとしていました。

説明書を読めとご指摘があるかと思います。

勝手な言い分ですが、勝手に向きは各社共通なのかなと思いこんでいたので

逆向けなんて想定外でした。

 

電源を入れよう

はい。

電源を入れないとカメラは使えません。

この電源の位置もメーカーが変わると一苦労です。

 

Sモードで撮影しよう

1/200で動く営業さんを撮影しました。

 

Aモードで撮影しよう

造花を撮影しました。

 

Cボタンの便利さ

Cボタンで設定を変えましょう

C1、C2、C3ボタンで出来る事をやりました。

ホワイトバランスやフォーカスエリアやフォーカスモードです。

 

Fnボタンを使ってみよう

Fnボタンで変更出来る事を勉強しました。

 

セミナーの様子です

α7Ⅲで撮影 時間がなかったので雑な画像処理になっておりますがご容赦下さいませ。

 

好きなレンズを付けて撮影しよう

はい、来ました。

これがしたかったのです。

α9に85のF1.4を装着しての撮影。

 

顔認識と瞳AFは経験したら便利過ぎてアマチュアレベルでは大満足です。

うーん・・・

欲しいけどお金がありません。

今日参加したお土産に下さいと言いましたが無理でした。←

 

セミナーに参加させて5%引きでカメラとレンズを買わせる作戦。

はい、このセミナー参加者で

α7M3×1

α7RM3×1

24-105 F4 G ×2

85 F 1.8 ×1

が売れました。

見事な作戦ではありませんか。

因みに、85 F 1.8 ×1 は私です。

 

広告

 

 

どうせ買うなら、やっぱりお得にお買いものしたいですよね。

 

現在α7Ⅲは1.5ヵ月待ちで、24-105 F4 Gは2か月待ちとの事です。

 

 

α7Ⅲのレビューはこちらです

https://yakudachi-helps.com/ilce-7m3/

 

α7RⅢのレビューはこちらです

https://yakudachi-helps.com/ilce-7rm3/

 

それでは最後までご覧いただきましてありがとうございました。

 

Sponsored Links

おすすめ